手付金|完成物件と未完成物件

不動産物件を購入するときには手付金を支払うケースが多いですよね。でも物件と一言で言っても完成・未完成といろいろ。
では完成・未完成で手付金の額は変わるのでしょうか? それぞれの手付金の相場をしっていきましょう!

手付金!完成物件と未完成物件について

bank-note-euro-bills-paper-money-63635

完成物件の手付金の相場

完成物件の手付金の相場は一般的に不動産の価格の10~20%。または100万円ぴったりという場合もあります。
不動産の価格が高額で手付金も高額になってしまう場合は100万円の場合が多いようです。

未完成物件の手付金の相場

未完成物件の場合は手付金の相場は不動産物件の5%ほどです。未完成の物件の場合、完成物件に比べて手付金が安いので仲介金を支払うケースが増えているようです。

まとめ

完成しているか・完成していないかはその後住む人によって、大きな違いがあります。万一工事が途中で止まってしまった場合なども考えて、未完成物件の手付金の相場なども把握しておいたほうがよいですね。
完成物件・未完成物件それぞれの相場を知って、賢く不動産購入をしましょう。
手付金の相場を知っているだけでお得に不動産を購入できてしまうこともあるんです。夢のマイホームのために基礎知識をつけておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする