手付金|悪徳業者トラブル①

優良不動産業者がいる一方で、手付金を狙う悪徳業者がいるのも事実。手付金を狙う悪徳業者との間に起こったトラブルをご紹介していきます。
今回は焦って契約・手付金が返ってこない!? というトラブルについてご紹介していきます。

手付金の悪徳業者トラブル

urban-455758_1280

トラブル体験者 スズキさん(40代男性・会社員)

インターネットで住宅を見つけ、資料請求しました。すると後日、業者が自宅に来て説明を受けあっという間に実際に現地に見学に行くことになりました。
業者からは「駅から近い」「早く売れてしまう」など良い点を言われ続け、そのうちに焦りを感じてきました。
それから契約をその場で結ぶことを勧められ、結果的に判子を押してしまっていました。
しかしそれから数日後、業者から手付金の入金を要請され振り込み。しかしやはり契約は急ぎ過ぎたかと思い解約を申し出ました。
ところが悪徳業者は「手付金を放棄してもらうことになる」とのこと。
正直、無理に契約させられた感があるので納得いきません。

結果

スズキさんから話を聞いた専門家は「見学当日に契約を結ばせたこと」「考える時間を与えなかったこと」などを挙げて手付金は返還されるべきという答えを出しました。
専門家から不動産業者に話し、無事手付金はスズキさんのもとに返ってきました。

まとめ

急いで契約させて手付金を騙し取るという方法は、悪徳業者のなかでもよくある手口。
見学当日に判を押すよう迫られたら要注意です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする