手付金とは

手付金とは不動産を購入する際、購入希望者側が売り手側に一旦預けるお金のこと。
手付金は不動産代金をすべて支払い終えたときに、売主に返してもらえる契約になっています。
この契約には「購入した物件の金額をすべて支払うまで手付金を返しませんよ」「手付金が返して欲しかったら全額支払ってくださいね」という意味があります。
しかし最近では手付金を返還する契約を結ぶ手間を省くため、不動産の残代金が支払われた際に売買代金の一部として充当する、とされることが一般的になってきています。
72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s

手付金の役割とは

さきほど説明したとおり手付金には人質的な意味合いがあります。そして実はもうひとつ役割を持っていることをご存知でしょうか。
それは「買い手側・売り手側どちらかが契約を破棄したいときの保証金」という役割。
買い手側が契約解除したい場合:支払った手付金の返還を放棄する(手付流し)
売り手側が契約解除したい場合:支払われた手付金を返還しさらに手付金と同額を支払う(手付金倍返し)
このようにお互いにペナルティを背負うことにより契約解除を許される仕組みになっています。

手付金は必ず用意すべきか

手付金は絶対に用意しなければいけないものではありません。しかし手付金を支払っておいたほうがメリットが大きいのも事実です。
例えば手付金を支払わずにいると契約が解約されてしまう恐れが大きくなる。また一括で不動産購入金額を支払ってしまうと、あとから出てきた物件に興味を持ったとき契約解除できなくなる。
などなどのデメリットがあります。
また多くの不動産契約を結ぶ際に「手付金を支払うことが前提」とされているので、やはり手付金はいくらか支払っておくことになるでしょう。

手付金に保全措置が取られるか確認しよう

手付金を支払う際に注意しなければいけない重要なポイントがひとつ。それは「保全措置がとられているか」ということ。
万一手付金を支払い終わったあとで不動産業者が倒産してしまうなどのトラブルに巻き込まれても、保全措置が取られていれば返還されます。
手付金を支払う際には必ず保全措置が取られているかを確認しましょう。

手付金に関して参照したサイトについて

まとめ

不動産を購入・賃貸する場合に必ず関わってくる手付金。支払っておくと安心材料にもなり契約がすんなりと進みます。
ただししっかりと保全措置を取っておかないと痛い目を見てしまうことも……。
手続きは簡単なので手付金の保全措置を行いましょうね。
不動産業者と話し合って手付金の金額を決めることも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする