手付金と違約金

S20170330555314_TP_V

契約を簡単には解除できないよう、契約成立時に買主が売主に支払うのが手付金。
ですがどうしてもやむを得ない事情が発生してしまい、解約しなければならなくなってしまうこともあります。そんな時には、売主側は手付金を倍にして返金したり、買主側は手付金を放棄したりなどして解約することが可能です。
しかし不動産売買には手付金の他に「違約金」というお金も存在するんです。明らかに良くなさそうな響きの言葉ですよね。
契約を解除するには手付解除だけすればいいと思ってる方に、今回は違約金というものに関してのお話をしたいと思います。

手付金解除について

手付金解除とは、契約の相手が履行の着手をするまでであれば、妥当な対価を支払うことで自分から契約を解除することができるというもの。
その対価というのは、売主側から契約の解除を申し出る場合には、買主に手付金を倍額で返金すること。買主側から申し出る場合には手付金を放棄する(売主に譲渡する)ことです。
この手続きを踏んだ場合には、契約を解除することができます。

違約解除について

違約解除とは、相手に契約違反があったり、指定されていた手付解除日よりも後に契約相手から解約の申し出があったり、また手付解除日よりも前に履行の着手を始めていた場合に発生します。
違約金は通常、手付金と同額程度か、もしくは契約によって物件総額の◯割程度などと決められているので、契約時にしっかり確認しておくことをお勧めします。

まとめ

手付金と違約金の違いに関しては、簡単にいうと正当な手段か規約違反による措置かという違いがあるようです。
手付金解除による契約解除に比べると、違約解除による契約解除はより多くのお金を支払わなければいけなくなる可能性もあるため、気をつけたほうが良さそうですね。
不動産売買の契約を解除したい場合は、早めの判断をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする