手付金の相場と上限の目安

不動産売買をするときに必ず聞く単語が「手付金」。
手付金を払ったほうがいいのは分かったけど、どれくらいの金額を支払ったらいいのか・上限はあるのかなどなどわからないことがいっぱい……。
手付金の一般的な目安・上限などを徹底検証しました!
これから不動産売買を予定している方はぜひ、手付金について知ってみましょう。

手付金の相場・上限について知ろう

a0006_002418

一般的な手付金の相場

手付金は一般的に不動産代金の5%~10%と言われています。しかしこれは法律で定められているわけではないので、契約内容によって変化することも多々あり。
またパーセンテージで表すのではなく、不動産業者から「50万円」や「100万円」など具体的な金額を指示されることもあります。
ただし手付金を支払うときに注意しなければいけない点は「金額が安すぎないか」ということ。
手付金のもともとの役割は双方が簡単に契約を破棄できないようにするためのお金です。
そのためあまりに手付金の額が安いと意味が無くなってしまいます。
不動産業者から金額の提示を受けた場合、あまりに安いと感じたら交渉してみることをおすすめします。

手付金の上限

手付金の金額目安は5%~10%、そして上限は不動産売買価格の20%までと定められています。
もし20%を超えた手付金を支払っており、さらに買主が契約放棄をした場合。
手付金の返還を放棄しなければいけませんが、20%を超えた分は手元に返ってくることになります。

最近の手付金の傾向

手付金は不動産購入をして代金をすべて支払い終えると返還される性質を持っています。契約でもそのように書かれることが多かったのですが、最近では「手付金を代金の一部に充当する」とされる契約も増えてきました。
つまり支払わなければいけない代金が手付金と相当の額になったら、支払いが完了したことになるという契約内容です。
最近ではこのような契約が多くなっています。
最近の手付金について詳しく知るならこちらから

まとめ

手付金の相場や上限を知っていると不動産売買契約時に、自信を持って質問したり交渉をすることができるようになります。
不動産購入をするときに最初に支払うことになる手付金をしっかり把握しておけば、そこから先の契約も成功します。
しっかり知識を身に付けて失敗の無い不動産購入をしましょう!
まずは自分が購入しようと考えている不動産の手付金の相場を計算するところからスタート。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする